注文住宅は周囲の環境に合わせた提案をしてくれる業者を頼ろう

健康にいい家を建てる

模型を持つ人

大切な家族を守る

どんなに小さな大阪の一戸建てでも、家に帰るとほっとするのが本当の意味での我が家です。しかし、逆に家にいると体の具合が悪くなることもあります。それが身体に悪いシックハウスです。大切な家族を守るため、健康に良い一戸建てをつくることは、現代の家づくりの必須条件です。健康的に過ごせる家とは、化学物質で汚染されていない家のことを指し、広義にはバリアフリー住宅も含みます。新築一戸建てはつーんとくるにおいが鼻をつき、新築の証しである時代がありました。それが接着剤、防腐剤、断熱材、塗料などに含まれるホルムアルヒドで、呼吸器疾患や鼻炎、目やのどの痛み、アレルギーの促進作用などがあります。また、頭痛や喘息の元になる有機溶剤がビニルクロスや塗料など使用されています。これらの建材を使った身体に影響を及ぼす可能性がある家を、シックハウスと呼びます。健康的に暮らせる家の大きなポイントにシックハウスでないことが挙げられます。現在大阪でも健康的な家づくりが注目されているのは、住宅の高性能化が進んでいるからです。昔の大阪の家は「夏をむねとすべし」と言われ、風通りの良い隙間の多い家でしたが、現在は高気密、高断熱になっており、夏でも閉め切ったままでエアコンをかけています。そのため、空中に揮発した化学物質の逃げ場がなくなってしまいました。大阪で一戸建てを建てるなら、ぜひこのことを念頭に置いて、身体にいい健康的な生活を送れる家づくりを目指しましょう。